キャビテーションは家庭用をまず使って体験するのがオススメ♪

キャビテーションは痩身エステの中でも効果が高く、そして脂肪吸引などと違い体にメスを入れない安全性があることで今、幅広い年齢層に人気があります。

DI_IMG_5771_TP_Vしかし、キャビテーションを体験するとなると、費用がかかるのが事実。最近では「体験価格3,000円から!なんてところもありますが、このような痩身エステは結局のところ続けなくては効果を本当に実感することはできないのです。

DI_IMG_5788500_TP_Vそんなキャビテーションですが…家庭用があるのを知ってましたか??
家庭用のキャビテーションなら1度購入してしまえば、何回使っても費用がかからないので痩身エステを低価格でご自宅で堪能することができてしまいます♪

「家庭用キャビテーションって実際に効果あるの??」と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は家庭用キャビテーションとエステをさまざまな角度から比較してみました。さらに家庭用キャビテーションのオススメもご紹介!!

家庭用キャビテーションとエステを比較してみた♪

DI_IMG_5705_TP_Vキャビテーションにかかる費用は??

エステサロン

10年前よりもエステサロンのキャビテーションは格段に安くなりました。また、初回割引など体験コースも多くのサロンで設けられています。しかし、いくら痩身エステの中でも即効性の高いキャビテーションだからといって1回の体験だけで効果が顕著に現れるというわけではありません。最低でも10回ほどのコースに申し込む必要があるでしょう。

だいたいキャビテーション1回で10,000円ほど。さらにここにリンパマッサージが入ると20,000円近くかかります。コースになると14~15万円ほどになるでしょう。この費用が高いか安いかは人によって差異があると思います。

家庭用キャビテーション

家庭用キャビテーションは大体3~5万ほどで購入が可能です。さきほども話したとおり、エステサロンでの施術には効果が出るまである程度通う必要性があります。家庭用キャビテーションならばエステ2~3回分の料金でいろんな部位に何回でも使うことができるというメリットがあります。また、もう一つ重要なことは上で申し上げたエステサロンの1回の料金はあくまで1部位にかかる料金であるということです。

そう考えると家庭用キャビテーションがどれだけコスパがいいか分かると思います。

DI_IMG_5700_TP_Vdキャビテーションの効果は??

エステサロン

最新機器と専門スタッフが揃っているエステサロンですから、その分、費用はかかりますが安心して利用ができると思います。しかも他人にやってもらうので、楽ですし背中などのケアもできるというところもメリットですね。

もしエステサロンを検討している方がいたら、料金が高いほどいいという考えだけはやめたほうがいいです。口コミや評判をネットなどで検索することをおすすめします。

家庭用キャビテーション

家庭用だからといって侮ることなかれ。最近の家庭用キャビテーションは技術の進歩や競合製品同士の競争により、多くの機能が搭載され品質改良も行われています。本来のキャビテーションの効果である脂肪を柔らかくすることだけでなく、EMSでの脂肪燃焼、製品によってはセルライトを刺激してくれるラジオ波を搭載しているものもあります。

関連記事:家庭用キャビテーションのレビューまとめました。

家庭用キャビテーション導入のススメ

IMG_0434私自身、現在も家庭用のキャビテーションを愛用しています。

数年前から「キャビテーションをやってみたいな」とは思っていたのですが、やはりエステサロンだとちょっと割高ですし、そこまでの費用をかけていくほどでもないな…というのが本音でした。

家庭用のキャビテーションはエステの2、3回分で入手することができ、体の気になる部位に好きな時間に何回でも使うことができるのが特徴です。エステだと予約を入れなくてはいけないし、他人の前で裸にならなくちゃいけないし…

また、女性だけでなく男性にももちろん使えるので旦那さんや彼氏さんなどご家族で利用できるのも家庭用キャビテーションのおすすめしたいポイントです♪

関連記事:家庭用キャビテーション後は揉み出しマッサージでスッキリ!

当サイトオススメの家庭用キャビテーション

当サイトでオススメしている家庭用キャビテーションが私も使ってる「キャビプラス」です。

cats1

キャビプラスの特徴として…
  • 顔にも使える
  • EMS・ラジオ波・赤LED機能も搭載
  • 交流式なので出力パワーが強い
  • 値段も安く保証もしっかりしてる
があります。

cab顔用キャビテーションにもなる

キャビプラスのいいところは顔にも使えるところです。通常の家庭用キャビテーションは顔などの複数の神経が通っているデリケート部位には対応していません。しかし、キャビプラスはLED機能とラジオ波で顔全体のリフトアップやむくみ、目下のクマにも効果アリです♪

EMS・ラジオ波・赤LED機能搭載

cabi2
キャビテーションをしたあとに筋肉の運動をしてくれるEMS機能は他の家庭用キャビテーションにもありますが、キャビプラスにはセルライトを刺激するラジオ波肌を活性化する赤色LED機能も搭載しています。

出力パワーが強い

家庭用キャビテーションのレビューでよく聞くのがパワーが弱くて全然効かないという声。キャビプラスは交流式なので出力パワーが強いのもメリットです。ただしその代わりコードレスではありません♪

価格が安く、最大2年間の保証もアリ

キャビプラスは30,000円台を切る価格で機能が充実しており、家庭用キャビテーションの中でもコスパが非常にいいと思います。また、1年間の保証もあるのでなにかあったときに無償で交換や修理をしてくれます。2年間の延長保証もありますので、心配な方はこちらを選ぶといいです。公式サイトによると1年間で3回まで無償交換してくれるので、最大6回の交換が可能です。私は2年間保証をおすすめします。

>>>当サイトオススメの家庭用キャビテーション キャビプラス

さいごに♪

DI_IMG_5780_TP_Vキャビテーションについて、なにより私が不安に思っていたことは体への影響・副作用です。体にメスを入れるわけではありませんが、電気や超音波をあてるのでなにかしらの影響はないかと心配していました。

しかし、調べてみるとキャビテーションは体の脂肪にだけ働き、皮膚や血管、細胞には全く影響がないことが臨床実験でも実証されていて、医学的にもその安全性が保障されてるみたいです。ですので、サロンでも家庭用でも安心してキャビテーションを行うことができますね♪
エステは通うとなるとお金も時間もかかります。

「キャビテーションを体験してみたいけれど…ちょっと割高だなぁ…」と思う方は一度、家庭用のキャビテーションを使ってみることをおすすめします♪私の体験記もぜひ参考にしてみてくださいね!!

今回紹介したキャビプラスの公式サイト:http://item.rakuten.co.jp/la-eternita/caviplus/

imgrc0064716813

キャビテーションとインディバの違いについて

前回はエンダモロジーとキャビテーションの違いについて説明させていただきました。

関連記事:キャビテーションとエンダモロジーの違いについて

今回はエンダモロジーやキャビテーションと同じようにエステのコースで人気のあるインディバについて説明をしてみたいと思います。

インディバとは??

インディバはスペインで開発された高周波温熱機器のことを指します。

高周波を使って体内温度を上げることを目的としており、体温を上げることで血流を良くし、代謝を促進させる働きがあります。これもキャビテーションやエンダモロジーのようにもともとは医療機関で使われていました。面白いのは体面、つまり皮膚温度を上げるのではなく体の内部の温度を上げるので不思議な感覚になるそうです。

キャプチャでも、前にも体を温める施術の話をしたと思います。そうラジオ波です。

関連記事:家庭用キャビテーションはセルライトにも効果アリ??

分子を振動させ熱を発生させ、セルライトにも効果があるといわれているラジオ波ですが、このラジオ波とインディバはどこが異なるのでしょうか??

インディバとラジオ波

実はインディバはラジオ波というものを美容に応用させた最初の施術方法といわれています。つまりはどちらも体の内部の温度を上げて代謝を上げることを目的としているんです。

ただし、最近はRF波、つまりラジオ波にさらに特化した美容施術機器が登場しているというわけなんですね。根本としては同じなんです。

そのためインディバは名前からするとちょっと新しく感じるかもしれませんが、キャビテーションやエンダモロジーと比べるとちょっと古い美容機器になるんです。周波数も0.6メガヘルツと比較的低いレベルなんだそうです。ちなみに、ラジオ波に特化した現在のラジオ波美容機器の周波数が2000メガヘルツといわれているのでその差が分かると思います。

キャビテーションとインディバの違い

上でも述べたとおり、インディバは2016年の美容業界からするとちょっと古い美容機器になります。その分、効果を出すためには続ける必要があるといわれています。キャビテーションも定期的な施術が必要になりますが、脂肪自体に特化した機能があるわけではないインディバはその分、効果が現れるのに時間がかかるというわけなんです。

キャビテーションは脂肪細胞を分解することを目的としているため、一定期間内の複数回の施術は必要なものの一定の効果は得られやすいといえるかもしれません。その代わり、インディバは価格帯も安いといわれています。

まとめ

今回はインディバについて調べてみましたが、インディバは痩身エステとしてはちょっと時代遅れらしいです。どこかのサイトにも書いてあったのですが、エステ機器としても安い部類に入り、エステ業界では一種のおもちゃとまで言われているそうです。

しかし、体内温度を上げて安全に施術を行え、なおかつ値段も安いのであればエステ初心者の方にはいいかもしれませんね。

キャビテーション機器には種類があるって知ってた??

エステのキャビテーションコースにはそれぞれのエステの特色を活かした複合型キャビテーションが行われています。骨盤矯正やエンダモロジー、RFサーモ、逆に冷やして温めるなんて方法でキャビテーションを行っているところもあります。

physiotherapy-567021_960_720
各社それぞれの強みを活かした複合型キャビテーションが今は人気みたいですね。でもどちらにせよコース料金になりますのでアナタのおサイフ状況と相談して選んでくださいね。

さて、今日はキャビテーション機器について書いていきたいと思います。実はキャビテーション機器にも種類があるって知ってましたか??

キャビテーションは機器によって違いがある!?

キャビテーションマシンはエステによって置かれている種類が異なる場合があります。しかし基本的な性能には違いはありません。そのどれもが施術部位の脂肪分解を目的としており、それぞれにどれがよく分解できるかなどの性能の違いはありません。

赤色LED機能搭載型キャビテーション

赤色LEDとは光の波長が660nm前後の発光ダイオードのことでこの発光ダイオードは色によって私達の肌にさまざまな効果をもたらしてくれるといわれています。

実際にある論文で赤色LEDが線維芽細胞、つまりコラーゲンの生成を増やすことが実証されたと発表がされました。この赤色LEDが肌の奥まで届き、肌の内部の細胞を活性化させるようなのです。

代表的な赤色LED搭載型キャビテーションにキャビスリムがあります。このキャビスリムは脂肪細胞にタテヨコから衝撃を与える高速振動が可能となっており、さらにコラーゲン生成に効果のある赤色LED照射をも行ってくれます。

ラジオ波機能搭載型キャビテーション

ラジオ波とは別名高周波とよばれており、エステだけではなく医療現場でも使われています。新陳代謝をよくしたり、体のたるみやむくみの改善に効果があるともいわれています。その中でもこのラジオ波は体の中の水分を振動させて熱を作り出し脂肪を柔らかくしてくれるのでセルライトに効果があると注目を集めているわけです。

このラジオ波が搭載されているキャビテーション機器にはキャビフルがあります。キャビフルは日本のマシンでラジオ波だけではなく赤色LEDも同時照射できるというメリットがあります。

家庭用キャビテーションにもある!?

キャプチャ実は業務用のキャビテーション機器だけではなく家庭用のキャビテーションにも上で話した赤色LED、ラジオ波が搭載された複合型のキャビテーション機器が販売されています。

キャビテーションは手術を行う脂肪吸引ではないため即効性には欠け、効果を発揮するまで定期的な複数回の施術が必要になります。そのため、エステサロンではコースプランでの施術がオススメです。それでも費用は10万単位になります。家庭用キャビテーションはエステ2,3回分で購入ができるので場合によってはコチラの方がいい人もいるでしょう。

関連記事:キャビテーションは家庭用をまず使って体験するのがオススメ♪

キャビテーションとエンダモロジーの違いについて

みなさんはエンダモロジーという痩身トリートメントを知っているでしょうか??

なんだか、ちょっと発音がしにくいこのエンダモロジーですが、これもキャビテーションのようにエステ施術として注目されている施術方法になります。

今日はこのエンダモロジーとはなんなのか??そしてキャビテーションとはどう違うのかについて話していきたいと思います。

エンダモロジーとは??

エンダモロジーとはいうなれば強力なマッサージ機器といえます。

physiotherapy-567021_960_720
すでに30年以上前から医療機関で利用されていたエンダモロジーはハンドマッサージではできない深部の脂肪をもみほぐしてリンパの流れを良好にすることを目的としています。脂肪を掃除機のように吸引することで固まった脂肪を柔らかくし、むくみやセルライトにも効果があるといわれているマッサージ機器です。

エンダモロジーの効果は??

エンダモロジーは脂肪をローリングによりもみほぐし、体の代謝を上げることによって痩身を目指していきます。全身施術で約1時間。

キャビテーションと同じく、エンダモロジーも1回では効果は現れにくいです。もともとの脂肪の柔らかさなど人によって差異があると思いますが、だいたい10回以上の定期的な施術により効果が現れてくるといわれています。ただし、代謝を上げているので施術後の食事制限などがあるようです。

エンダモロジーとキャビテーションの違い

thick-373064_960_720エンダモロジーとキャビテーションはどちらも通常の脂肪吸引のように体にメスを入れることはしません。しかもどちらももともとが医療目的で使われていることから安全面も高いといえます。

2つの大きな違いは脂肪細胞に働くか働かないかにあります。

キャビテーションは特殊な超音波により脂肪細胞の数を減少させることを目的とした施術方法になります。一方、エンダモロジーは脂肪細胞を小さくすることはあっても脂肪細胞自体をなくすことはできません。あくまで強力なマッサージにより脂肪を柔らかく、代謝を上げることを念頭にしている施術方法がエンダモロジーになります。

どちらがオススメ??

キャビテーションとエンダモロジー。どちらがオススメなのでしょうか??

DI_IMG_5780_TP_V
これはアナタの目指す痩身効果によって変わってくるといえます。

エンダモロジーは基本的に全身施術になるので、全身のダイエットを目指している人には効果が期待できるかもしれません。キャビテーションは逆に部分ごとの施術なので部分痩せを目指している人に向いているといえます。

リバウンドが怖いという人はキャビテーションをおすすめします。キャビテーションは脂肪細胞自体をなくすことを目的としているので、施術後も通常の食生活でもリバウンドがしにくいといわれています。

関連記事:家庭用キャビテーションはセルライトにも効果アリ??

まとめ

今回はエンダモロジーについて書かせていただきました。キャビテーションもエンダモロジーもどちらもそれぞれ一定期間続ける必要があるため、その分費用はかさみますがしっかり施術を行うことで一定の効果は期待できると思います。

また、エステによってはキャビテーションとエンダモロジーを複合して施術を行うコースもあるようです。気になる方はチェックをしてみてはいかがでしょうか??

関連記事:キャビテーションは家庭用をまず使って体験するのがオススメ♪

家庭用キャビテーションにはジェルが必要か?

AI_IMG_7755500キャビテーションを使う際にジェルを塗って使うのが一般的です。家庭用キャビテーションの場合、面倒だし、なくてもいいかなと思ってしまうこともあると思いますが、

実はそうではありません。

ジェルを使うことでキャビテーションの効果を最大限発揮できるようになるのです。

関連記事:キャビテーションは家庭用をまず使って体験するのがオススメ♪

キャビテーションの効率を高めるためにジェルが必要

キャビテーション機器を使用する際にジェルを使うことにより、機器の滑りがよくなり、さらに通電しやすくするためにあります。防水性のもので水だけで効果がある家庭用キャビテーションもありますが、防水タイプの機器は気密性が高いため、内部の熱が逃げにくく機器自体の負担がかかりやすいデメリットがあります。

ジェルならなんでもいいというわけではない

キャビテーションに使うジェルについてですが、滑りのよくなるジェルであればなんでもいいというわけではありません。先ほど言った通り、キャビテーションでジェルを使う理由の1つに通電性があります。キャビテーションの超音波を体に効率的に通電させるためには水溶性のものである必要があります。油性のジェルですと、体に通電しないわけですね。

この水溶性のジェルというものがドラッグストアに売ってるか、というとそんな簡単に手に入るものでもないわけです。

ジェルはどれくらい塗ればいいの??

キャビテーション用のジェルって物によっては結構お値段も高いので、あんまり塗りたくりたくないのが事実。。。説明書きを見てもジェルを多めにとか書いてありますが、実際のところどれだけ塗ればいいのでしょうか??

ジェルの量についてはどうやらそこまでたっぷり塗る必要はないみたいです。たっぷり塗ってもすぐ乾いてしまうので、機器が滑る程度にジェルをなじませて、乾いたらまたジェルをつけるという感じがいいみたいですね。

専用ジェルとの違い

DSC_0041キャビテーション専用のジェルにはお肌の保湿成分や美容成分、引き締め成分が含まれているので、専用ではないジェルに比べるとキャビテーションの高い効果が期待できそうです。

しかし、専用のジェルはお値段もそれなりにするので、ここらへんはお財布と相談ですね♪

また、専用ではないジェルを使う場合はそのジェルが水溶性のものであるかどうか。さらには、香料や着色料、科学的に合成された活性剤が使われていないかの確認をするといいです。キャビテーションをするのにお肌に悪影響がある成分のものを塗りたくってたら意味がありませんからね。

家庭用キャビテーションはセルライトにも効果アリ??

年齢を重ねていくと気になりだすのは脂肪だけではありません。逆にいえば健康的なお肉の付き方であればそこまで気にしなくてもいいかもしれません。

thick-373064_960_720
でもそうもいかないんですよね。。。30代を超えてくると脂肪だけでなくそこにセルライトが現れるんです。しかも厄介なのがこのセルライト。なかなか落ちない。

そこで今回はこのセルライトにスポットをあててみたいと思います。

セルライトは落ちにくい??

セルライトって見た目も嫌ですけれど、ホントに落ちにくいんです。

セルライトは血行不良によってできた老廃物に脂肪が巻き込みできた皮下脂肪のことをいいます。とくに下半身やお尻にできやすいこのセルライト。食事制限によるダイエットなどをやるとかえって悪化させるって知ってましたか??

セルライトの原因

AL0012-inemurikaigi20140722500食事制限や水分の不足、運動不足、冷たい食べ物を食べる、体の冷えによってどんどん代謝が低下していき、血がドロドロになります。この血行の循環低下がセルライトを引き起こすわけです。特に女性は冷え性やホルモンバランスが変化しやすいこともあり、セルライトになりやすいんです。

セルライトがあるということは血行が悪いということなので、それはやがて体のむくみやひどい冷え性を引き起こします。血行が悪くなることがセルライトを引き起こすので、しっかり循環機能を改善してあげなくてはいけません。
そのために定期的に体を動かして、運動をすることが大切です。

ただ、運動でも落ちにくい

weights-652486_960_720適度な運動をしながらダイエットをしてもなかなかセルライトは落ちません。なぜなら、セルライトは脂肪の中でも燃えにくい脂肪だからです。

一般的に運動によって燃える脂肪の順番は内蔵脂肪⇒皮下脂肪⇒セルライトといわれています。せっかくガマンをしながら運動や食事制限ダイエットをしても痩せてほしくない胸などの上半身だけが痩せて、下半身は全然痩せなかったりするわけです。

キャビテーションがセルライトに効果アリ??

セルライトは老廃物が脂肪に巻き込んだ状態のことを指します。このセルライトになっている脂肪細胞を砕いて分化してくれるのがキャビテーションです。そしてこのセルライトに刺激を与えるといわれているのがラジオ波とよばれるものです。ラジオ波は脂肪の奥の皮下組織まで届き、分子を振動させます。この摩擦により熱が発生⇒脂肪を分化してくれるのです。そして、それだけでなく体内の水分をも振動させるのでセルライトがゆるみ分解されるというわけです。

ラジオ波搭載の家庭用キャビテーションがある!!

といってもキャビテーションをエステで行おうとすると何回かに分けて行わなくては効果が現れないため、
結局のところ10万近くの費用がかかります。また、忙しい方は予定を合わせるのも大変です。

そんな方は家庭用キャビテーションを試してみてはいかがでしょうか??

今は家庭用美容機器もかなり進化しているので、本場のエステマシン並の効果が期待できます。しかも1つあれば、いつでも好きなときにでき、エステに通うよりも大幅に安く出費を抑えることができます♪

私自身も家庭用キャビテーションを使ってるので嘘だと思う方はぜひ当サイトをご参考ください。

参考記事:家庭用キャビテーションのおかげで履けなかったスカートが…!

そんな家庭用キャビテーションの中にはセルライトを刺激するラジオ波を搭載しているものがあります。
その中でもオススメなのが当サイトで何度も紹介しているキャビプラスです。

IMG_0170このキャビプラスは顔にも使えるのでいろいろな気になる部位に使えるのがいいところです♪
また、ラジオ波だけでなく肌を活性化する赤色LED機能も搭載しているので、通常のキャビテーション。セルライト対策。肌ツヤ対策がコレ1つでできちゃいます♪これはかなりオススメですよ!!
関連記事:キャビテーションは家庭用をまず使って体験するのがオススメ♪

キャビテーション+EMS=脂肪燃焼?

IMG_0434

キャビテーションを使うことは直接的に脂肪を燃焼するということではなく、脂肪を柔らかくし、減らしやすくすることだと説明してきました。ではEMSはどうでしょうか?

そもそもEMSって?

EMSとは、Electrical Muscle Stimulationと呼ばれ、身体に電流を流すことでその箇所の筋肉を強制的に収縮させることで筋トレ同様の効果を与えるものです。通常人間は脳を通じて筋力を動かすことで筋肉を鍛えていますが、外側から強制的に電気を流すことで筋肉を動かすのがこのEMSです。ベルト型のものがとても有名ですね。

続きを読む

硬い脂肪は落としにくい!をキャビテーションが解決!

LISA78_BCGato20141018100517500

脂肪にも柔らかさ、硬さがあるというのはご存知でしたか?

周りの人の脂肪をちょっと触ってみてください!笑

人によって、あるいは部位によって脂肪の硬さが違うのがわかるかと思います。

硬い脂肪は落ちにくい

ここ最近、柔らかい脂肪は比較的落ちやすく、硬い脂肪は落ちにくいといわれています。なぜこうした違いがでるかというと、一つは遺伝子的に脂肪が硬くなりやすいという体質の方もいれば、そうでもないという方もいます。しかし、自分が硬い脂肪だからといって悲観する必要はありませんよ。

キャビテーションは脂肪を柔らかくするのに効果的

最近注目されているキャビテーションは脂肪を柔らかくするのに効果的です。

続きを読む

家庭用キャビテーションのレビューまとめました。

キャプチャ

家庭用キャビテーションは実際効果があるのかは誰しもが疑問に思います。今日は家庭用キャビテーション機器「キャビプラス」に寄せられたレビューをご紹介していきます。ちなみにこの「キャビプラス」ですが、実は私も使っていましてそちらの記事はこちらに書いています。

このキャビプラスですが、楽天でも1位をとるなど、家庭用キャビテーション機器としては人気のようです。(だから購入したんですが)。その口コミも現時点で121件あり、かなりあります。

しかも総合評価が3.74!

これ食べログの評価だったらめちゃくちゃ美味しいってレベルの評価ですよ!笑

では、そんなレビューをいくつか引用していきますね。

評価が高いレビュー

すごくいい!サロンでキャビテーションを受け、相性がよかったので買おうと決意したのですが、サロンで使っているものは約20万。調べてみると出力や周波数などの数値がこちらと大体同じだったので、購入しました。
他商品やサロンに比べてとても安いので効果があるか心配していたのですが、お肉がちゃんと柔らかくなりました!
サロンでやってもらうのを思い出しながら、電気毛布で体を温めて白湯を飲んでからやりました。トリートメント後も白湯を飲み、マッサージも。私は特に硬かった腰回りが1回やっただけで違いがわかりました。
がんばって続けていこうと思います!

続きを読む

家庭用キャビテーションは効果がない?

AL0012-inemurikaigi20140722500

自宅で手軽にキャビテーションがおこなえる時代になったわけですが、家庭用キャビテーションは効果がないという声を聞きます。こうした声の中には使用者の勘違いも含まれているので注意が必要です。

重要なのはキャビテーションをかけることではなく、かけた後!

キャビテーションをすれば、脂肪がどこかに消えてしまうと考えている人がいるようですが、そんなことはありません!

そんな機械があったらノーベル賞ものでしょう!笑

キャビテーションは脂肪を分解して液状化させることで、リンパなどから脂肪を排出しやすくしてあげるために使われるのです。

つまり、キャビテーション後にマッサージをすることによって、脂肪をリンパに流して排出させることで脂肪を減らしていくというわけです。

続きを読む